投稿

読書会、再び!

イメージ
  皆さま、ごきげんよう。 「霜月」といえば、和風月名の 11 月。その名の通り、ついに小岩井でも一昨日初霜が観測されました。自由の森日記にて幻想的な写真と共にレポートされておりますので、ぜひご覧くださいませ。 https://jiyunomori-nikki.blogspot.com/2021/11/blog-post_24.html   さてさて、前々回のブログでご紹介しておりました、生徒有志企画の読書会「闘わないビブリオバトル」、なんと第二回目が先日開催されました。 ※闘わないビブリオバトルってなんぞや、という方はこちら( https://jiyunomori-library2.blogspot.com/2021/10/blog-post.html )の記事をご覧ください。 生徒、教員、司書…と多様なメンバーが集まりスタートした読書会。 皆が持ち寄った本は下記の通り。ジャンルも国もいい感じにバラけていますね。 ①『ふたりでちょうど200%』町屋良平/著、河出書房新社(2020) ②『i』西加奈子/著、ポプラ社(2019) ③少年が来る ハン・ガン/著、井出俊作/訳、クオン(2016) ④『世界の名作10      幸福の王子・わがままな大男』オスカー・ワイルド/原著、中山知子/著、小学館(1998) ⑤他(時間の都合により、司書の選んだ本はさわりのみ紹介) 今回の読書会、ただ感想を述べ合うだけではなく、深みのある“対話”に発展する場面が多々見られたのが印象的でした。 「記憶の曖昧さ」「言葉に意味はあるのか」「文学の持つ力」「幸福とは」などなど・・・。 読書って「独りの趣味」と思いがちかもしれませんが、実は本を通じて繋がれる“道”はたくさんあるんですよね。   二回目にして、既に豊かで素敵な時間を創り出している参加者の皆さん。 その輪の中に入れる機会に恵まれて幸運でした。 この「幸福」の輪、さらに大きくしていけたら素敵ですね。 第三回目もあるかな??(そわそわ)

卒業生の本を頂きました!

イメージ
   皆さま、ごきげんよう。  天高く馬肥ゆる秋、いかがお過ごしでしょうか。  読書の秋、芸術の秋、食欲の秋・・・様々な「秋」がありますが、本日本校の卒業生に、読書も芸術も食も全てを兼ね備えた本を献本して頂きました~。  大手出版社さんから出てます。ひゃ~。  しかし驚くのはそこだけじゃないんです。  内容が凄い。とにかく凄い。絵も描かれている方で、デザインなども凄く素敵。  ニュージーランドの旅行記なのですが、初めての海外長期旅ならではの驚きと、旅する嬉しさや楽しさが随所から伝わってきます。  図書館の「卒業生の本コーナー」にさっそく置かせていただいております!(初版サイン入り!!)  自由の森学園図書館にお越しの際は、どうぞお手に取ってご覧くださいませ。  在校生の皆もぜひ見てね~。  司書 (写真はまだ置く前の卒業生本コーナー)  

有志企画「闘わないビブリオバトル」

イメージ
 皆さん、ごきげんよう。 去る10月14日、自由の森学園図書館全面協力の、有志企画「闘わないビブリオバトル」が無事第一回の開催を迎えました~! 生徒が企画、主導を行ったこの企画。要は読書会のことです。 自分のお勧めの本について語り、相手のお勧めの本について語ってもらう。「どんな所に惹かれたの?」「どこでその本と出会ったの?」「その本のココ(のセリフ)って、さっき紹介してもらった本のアソコと共通する所があるよね」などなど、活発な意見交換も行われておりました! 教員の方も忙しい合間を縫って参加してくださり、さらに盛り上がって、会は終始和やかに進みました。 分散登校で中々思うように宣伝ができず、開催自体も危ぶまれたこの読書会。主催者側だけでなく、参加してくれた全ての人に感謝です。 第二回目の読書会、実現出来たらいいですねぇ~。 あくまでも図書館はサポート、生徒の「やりたい」を叶える事が願いです。「次」があるか否かは生徒のみぞ知る。図書館はいつでも大歓迎です!!

図書館ブログが新しくなりました!

イメージ
 皆さまごきげんよう。  本日より、リニューアルした図書館ブログがスタートします!  日常のアレコレや、企画展等のイベント紹介。  さらに、司書の目線で捉えた自由の森学園と、図書館の様子を随時発信していきたいと思っています。  どうぞよろしくお願いします!  司書  

ページビューの合計